中古車買取査定市場

  • 中古車買取査定市場

最近のコメント

最近のトラックバック

社会・政治 Feed

2015年6月 4日 (木)

ペットに対する責任

一人で寂しく感じる時にはペットでもいればいいのにと思ってしまいます。
でも実際に飼う事はできません。
今の生活をしながら動物の命に対して責任を追う事はできませんからね。

2014年12月 5日 (金)

嫌われるゆとり世代

列に並んで待つことが苦手だったり約束を平気でドタキャンしたり他人の携帯電話は勝手に触るし。
ゆとり世代の子って困ったもんだなと思っていたら
やっぱり男性からも敬遠されるんだと知って納得です。
人として最低限のマナーがなければ男性からも女性からも好かれないですよね。
ゆとり世代と言うのもひとつのモンスターなのかもしれませんね。

2014年9月23日 (火)

終電の時間をチェック

よく夜遅くなって終電の時間をチェックしている人がいますが
チェックするのは終電の時間でよいのでしょうか。
少し余裕をもって帰らないと終電を逃したら大変ですよね。

2014年6月22日 (日)

同じ話を

私の友人は会社の上司が何度も同じ話をするらしく、よく私に文句を言います。

特に頻繁に繰り返す話があるようで「○○という上司は同じ話を何度もする。

この前も○○という話をされた」としょっちゅう言って来るんです。

ところで気付いてるのかな。

私にその話を何度もしていることを。

2013年11月28日 (木)

卒婚

またテレビで新しい言葉が誕生したようです。
その名も卒婚。
タレントの清水アキラが妻との円満な別居状態を明かしたとなっていて、その状態を卒婚と表現したようですが、ただの屁理屈に聞こえるのは私だけでしょうか。
愛嬌のあるネーミングでその重要性が薄れて、その状態に甘んじやすくなるのは良くない事だと思います。

2013年7月25日 (木)

有権者の責任

私みたいな素人が政治に口を出すのもどうかとは思いますが
個人の主観的な意見を発信することこそブログの醍醐味だと思うのでひとつ言わせてください。

民主党の政策は失敗だらけで批判されるのも仕方ないとは思います。
でも民主党に与えられた時間があまりにも少なすぎた事も事実です。
まさか政権を取るとは思わなかった状況から突如予想に反して政権交代してしまったのだから準備も何もなかったはずです。
政権など取れないことを前提としたマニュフェストもそのまま自分たちを苦しめる結果となってしまいました。
そんな状況でいきなりうまくいくはずがなかったのです。
何か与党らしいことをしようと空回りする姿は痛々しかったですがそんな民主党ももう少し、せめてあと数年暖かく見守ってあげれば与党らしい政策が出来たのではないでしょうか。

そんな悠長なことを言っていられない現状ですので野党に逆戻りしたの当然の結果ではありますが、この様な無意味な政権交代は国民に何の利益ももたららしません。
最初から政権交代など必要なかったのです。
こんなお遊びに時間を使っている場合ではないのですから投票権を持つ皆さんも各自自覚を持って「強い者をやっつけろ」的な票を投じるのはやめるべきだと思います。

2013年2月25日 (月)

強がり女の言い訳

女性と言えば多いのが言い訳。
そこで今日は女性にありがちな、いわゆる女の定番言い訳をまとめてみます。

①「よく考えたら好きじゃなかった。」
焦りからなのかタイプじゃない男性にも一度は手を出してみる。でも結局はうまくいかず、あくまでも自分が切り捨てたんですよ、と強調したい女の良いわけです。

②「あの人のこと好きになれたら幸せなのに。」いい男性から好かれている、でも私のお眼鏡にはかなわない、とアピール。

③「下手な男だったら女友達といる方が楽しい。」自分は一人でいるのはモテないからではないんですよ、と言う意味。

④「私まだ本気出してないだけ」余裕をこいている状態。本気を出せばすごいけど、そんなに焦ってないから…。

⑤「モテ服来たら簡単に持てるようになる」モテ服はダサいからあえて着ないんですよ、と言う強がり。

⑥「まぁ本気で彼氏が欲しいとは思ってないけど」がっついていたにもかかわらず収穫がなかった時の最終的な〆のセリフ。

こんな口癖の女性たち、みなさんの周りにいませんか?
反面教師にして自分は気をつけましょうね。

2012年6月 3日 (日)

Francfrancの対応に感動

今日はFrancfrancで買い物をしました。
その時の会計の話です。

私がレジに並ぼうとするとタッチの差で他のお客さんに先を越されてしまいました。
しかたなく後ろに並ぶわけですが、この時レジには店員さんがいなかったんです。
カウンターの奥に一人、すぐ近くで棚の整理をしている人がひとりいたので早くレジに入ってくれれば良いのにな、と少し不満に思いました。
でもその後の対応でお店に対する印象は逆転しました。

カウンターの奥にいた店員さんが気付いてすぐに対応し、私の所には棚の整理をしていた店員さんが走ってきてくれました。
「お待たせしております。お預かりします。こちらへどうぞ。」とすぐに隣のレジへと案内してくれました。
そして待たされた事をもう一を丁寧に謝って会計をしてくれました。

そりゃ仕事してたら気付くのが数秒遅れる事もありますよね。
その後の対応で印象は大きく違ってくると思います。
特によく聞く「お待ちでしたらどうぞ」というフレーズには疑問を感じていたんです。
「何?待ってるの?じゃぁレジ入ってあげようか?」とか「そんなとこで待ってたの?しょうがないなぁ。待ってるんだったらレジやってあげようか?」なんていう風に聞こえるんですよね。

もちろんそんな事で文句を言った事はありません。
モンスターだと思われたらたまらないですから。
でも、どこから見たって会計してもらうために並んでるのに「お待ちでしたら…」というのはおかしいですよね。
客を待たせている事はわかっているのだから今回のように「お待たせしております」とか「お待たせして申し訳ありません」という態度をとるべきだと思います。

今日のFrancfrancの対応には感動しました。

2012年4月 2日 (月)

桜のライトアップ

今年もそろそろ桜が咲く季節です。
今年はライトアップするのでしょうか。
去年は東日本大震災の影響で電力不足だったのでライトアップが次々と中止になってしまいました。
今年の夏も電気が足りなくなるなどと言われていますがライトアップはある意味復興のシンボルの様なものなので、今年はぜひ実施してほしいです。
でも、何か文句を言うための材料はないか、と常に探しているモンスターと言うのはどこにでもいる物で、ライトアップを主催する側が慎重になるのも仕方ないんですよね。